Top 防災頭巾・地震災害 ;>防災頭巾・地震対策

2007年04月17日

防災頭巾・地震対策

新潟中越地震がまだ記憶に新しい中、能登半島地震、三重中部地震と続きました。
東海大地震や東京地震はそろそろか、など地震予知や地震情報が気になるこのごろです。

さて、我が家も防災頭巾などの防災グッズ、地震対策防災用品のチェックをしようと思いました。

防災頭巾は、
我が家には1個しかありません。
幼稚園で娘が座布団代わりに敷いていた防災頭巾です。

でもその防災頭巾も、かさばってじゃまなので、
普段は押入れの多くにしまってあります(汗)。


防災頭巾というと、
クッション代わりになるような厚い防災頭巾しか知らなかったのですが、
最近は、防炎アルミの軽い防災頭巾が売られているんですね!

びっくり!


これはLサイズで、中高生〜大人用まで使えます。
(蛍光ワッペンありとなしがあります)

しかも、今の防災頭巾はすごいネ。
耳穴の部分が開いていて、
防災頭巾をかぶっていても声が聞き取りやすいそうです!

これなら逃げるとき、安心ですね。


また防炎、保温、防水効果に優れた多機能防炎シートは、
軽いので、常備しておくには便利ですね。

防炎シートをはおれば、
火災熱や雨などから体を守ってくれます。

また普段でも、
寝袋やレジャーシートとしても使えちゃいます。


そして専用のカバーに収納すれば、
防災頭巾の他、枕やクッションとしても使えちゃいます!

【東京消防庁(消防科学研究所)開発品】


サイズ/カバー:約32×63cm
シート:約120×120cm

防災頭巾は、オレンジ、ブルーの2色からお選べます。



地震に伴う火事、火災はいちばんこわいですね。

しかし火事の場合、火で亡くなるというより、
煙にまかれて亡くなるケースが多いそうですね。

ぬれタオルで口をふさいで逃げようと言いますよね。


煙から身を守るために、
避難用防煙マスクを枕元においておくのも、防災グッズ必需品ですね。

【消防庁通達簡易防煙マスク準拠】


この防炎マスクで口と鼻をおおうと、
火災初期の煙や粉塵、一酸化炭素を吸わずにすみます。

約8分間の避難行動に対応できますので、
お子様の分をそろえておきたいですね。

防炎マスクの有効期限H、製造月から5年です。
(未開封の場合)




「防災・地震対策通販」のトップページに戻る
posted by 防災地震 at 15:12 | 防災頭巾・地震災害
カテゴリ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。