Top 防災・地震対策 ;>つっぱり棒地震対策

2007年04月25日

つっぱり棒地震対策

地震対策のつっぱり棒特集です。
地震でこわいのは、自宅の家具が倒れることですね(涙)。
自分の家具の下敷きになってしまうなんて、
とても悲しいです・・・。
テーブルの下に隠れろといっても、
なかなか実際の地震のときに、できるかどうか不安・・・。

ですから家具が倒れにくいように、
予防しておきましょう。

少しでも心配な点があったら、
地震が来る前に、少しでも対策を練りましょう。


重たい本がいっぱいの本棚、割れたら危ない食器棚。
倒れると厄介ですね・・・。

この強力家具転倒防止ポール
ミニサイズ(27センチ〜35センチ)は、
地震対策のつっぱり棒(突っ張り棒)です。

2本セットです。

 
ネジ・クギは不要なので、
天井や家具を傷めずに取り付けできます。

2本セットなのは、
一つの家具を2本のつっぱり棒で固定すると、
より安全性が増すからです。

しかも、極太のパイプ(直径39ミリ・35ミリ)です。
キャップも大型です。
すべり止めも、大判です!

このつっぱり棒は、耐圧は200キロです。(充分強いです)
(公的機関での圧縮試験結果より。)


このつっぱり棒のサイズは、
キャップ部分 7.2センチ×21.2センチ
取り付け高さ範囲 27センチ〜35センチです。

材質は、
(パイプ類)鉄パイプ:エポキシ樹脂粉体塗装
(樹脂部分)ABS樹脂・合成ゴム
(ネジ類)鉄製:メッキ仕上げでできています。


なお、地震対策や防災用品は、
地震の直後や、震災後○年というときになると、
購入する人が増えて在庫がなくなったりして、
ほしいときになかなか届きません。

備えあれば憂いなし

普段の平安なときから、準備をおすすめくださいね。



このつっぱり棒は、画期的ですね!
段差のある天井面にも、とりつけられるんです。
マンションなどで、活躍しますね。

つっぱり棒は、
垂直・平行にして、
家具の奥側(壁側)に接するようにして、取り付けてください。

家具と天井の間につっぱり棒を入れて、締めつけることで、
地震災害時の家具の転倒を防ぎます。


つっぱり棒が、アルファベットのH型をしています。
この棒の上の足が、別々に動けるんです。

天井や家具の段差に合わせて、
固定できますので、一本足のつっぱり棒より、
より安全性がましますね。


ストッパーネジを回すだけで、取り付けられます。
ネジやクギなどは不要なので、家具も天井も傷めませんヨ。

2本セットなので、
家具をより頑強に固定できます。

サイズは、
 幅:8cm
 奥行き:35cm
 取付高さ範囲:43〜63cm
 耐圧:300kg(かなりすごいです)です。



つっぱり棒と組み合わせたら、
かな〜り安心な防災アイテムですね。

この10cm前に出た鉄板が、家具を押さえてふんばります。
「家具転倒お助け君 下金具(2本入)」です。


家具の下に、この鉄板を入れて、
家具を下から固定します。

この金具は、家具の下の両端に、木ネジで固定します。
家具から10cmほど前に足が出ますが、
これがつっぱり棒だけでは不安な家具の転倒を防ぎます。

金具には、
床面を傷つけないようクッションゴムが付いています。




「防災・地震対策通販」のトップページに戻る

posted by 防災地震 at 11:13 | 防災・地震対策
カテゴリ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。